サンプリングエラーを防ぐために臨床医が単独で適正評価を行えるよう細胞検査士が開発したツール

MOBILE ROSE モバイルローズ2021.04 国際特許取得/特定保守管理医療機器

SCROLL

MOBILE ROSE01

針穿刺吸引
細胞診検査結果に

お困りではありませんか?

  • 判定不能、偽陽性、偽陰性が多すぎる
  • サンプリング現場で
    細胞検査士や病理医の
    協力が得にくい状況

不適正なサンプリングによる
細胞診結果に
ご不満な先生方へ!

MOBILE ROSE
もっと簡単、確実に
検体採取をサポートします

MOBILE ROSE オンライン説明会

オンライン説明会は終了いたしました。

Product features
モバイルローズの特徴

1

迅速(約1分)適性評価

2

三大サンプリングエラー
(乾燥・血液混入・細胞数過少)低減

3

観察した検体容器を
そのまま検査

4

ROSEに特化した
ALL in ONE Microscope

5

小型軽量、スマホカメラ利用
撮像、画像保存も可

6

MR細胞保存液 No.5

Merit.1
医師による
迅速(約1分)適性評価

検体容器を観察部に差し込むだけで細胞採取が確認できるので、医師が単独であるいは技師が無染色で適正評価ができます。

Merit.2
三大サンプリングエラー
(乾燥・血液混入・細胞数過少)低減

判定不能や誤判定の原因となる固定前乾燥、血液混入、細胞数過少を防ぐことにより、診断精度が向上します。

Merit.3
観察した検体容器を
そのまま検査へ

効率の良い動線をもち、臨床現場での採取細胞の確認により誰でも簡単にLBC(液状化)検体を採取でき、確実な診断へと導きます。観察窓つき検体容器の蓋 (View Cap) は観察後、ラベリングし、そのまま搬送容器として検査へと提出できます。(国際特許出願済)

Merit.4
ROSE(※1)に特化した
ALL in ONE Microscope

針生検材料と針洗浄による細胞診材料の分別が簡単に行え、細胞の回収率をあげます。回収後はView Capを逆さにして観察ホルダーへ挿入し、採取細胞の有無を観察できます。

※1 ROSE (Rapid On Site Evaluation):迅速適正評価

Merit.5
小型軽量、スマートフォンカメラ(※2)利用で撮像、画像保存も可

約25cm四方のスペースで使える小型軽量機器です。ハンディで場所を取りません。
スマートフォンカメラ使用により撮像や画像保存が簡単にでき、後日細胞診断結果との対比ができます。

※2 スマートフォンの推奨機種は本体情報をご覧ください。

Merit.6
MR細胞保存液(※3)

血液のゲル化防止、溶血能、たんぱく可溶化作用を有し、細胞収縮を低減した従来法の塗抹標本に近いパパニコロ染色像を実現します。

細胞保存液は他社製品も使用可能です。
詳しくは弊社までお問合せください。

MOBILE ROSE&MR細胞保存液 使用観察症例

※3 現在はパパニコロ染色のみに推奨

Parts / Specification
機器・パーツ紹介

MOBILE ROSE
多機能一体型顕微鏡

無染色で簡便に細胞観察を可能にし、サンプリングをサポート
穿刺吸引採取細胞を検体容器内で観察して3大サンプリングエラー(細胞数過少、乾燥、血液混入)を防ぐ多機能一体型顕微鏡

製品仕様specification

  • 培養顕微鏡用レンズ(有限位相差レンズ)(20x)
  • 最大倍率:スマートフォンカメラの画像拡大にて 約100~600倍以上(スマホの機能に依存)
  • 観察視野:1~5㎜2
  • 焦点合わせ:スクリュー式(粗動)デジタルズーム(オートフォーカスを含む)
    ・光源:LEDリング照明( CE、PSE認証)
      入力電圧AC110-240V、出力電圧DC12V、最大出力:5W
      作業距離:40-160mm、照明:連続可変式
      寿命:LED 約50000時間 電源 約8000時間
    ・細胞診、組織診断用材料照明付き識別装置:別売識別ロートの設置装置
  • 対応スマートフォン:iPhone X以降、ならびにデジタルズーム10倍以上のカメラ機能をもったスマートフォンを推奨。
    付属ジェルパッド使用により幅広いスマートフォンサイズやカメラ位置に対応可能です。
  • 日本製
  • ※外観・仕様などについては改良のため予告なしに変更することがあります。

観察用検体容器具蓋
View Cap付遠沈管
(2021年4月国際特許取得)

検体容器を兼ねた細胞観察用器具 検体容器の蓋であり、細胞観察後、そのまま搬送用検体容器となるため観察された細胞は失われることなくほぼ標本上に載り細胞診検査の対象となります。

製品仕様specification

  • 素材:ViewCap(PC)、試験管(PP)
  • ディスポーザブル製品
  • <View Cap>
    寸法:外径16mmx33mm
    容量:2.5ml
  • <試験管>
    寸法:外径17mmx111mm
    容量:13ml(目盛り付)

識別ロート
(2021年4月国際特許取得)

針生検材料における組織材料と細胞診材料の識別
病理検査用組織材料と細胞診検査用材料をライトアップにより簡単に識別でき、穿刺針内の細胞も回収することにより、より多くの細胞を簡便に回収することが可能です。

製品仕様specification

  • 素材:樹脂製(PET)
  • 外形寸法:70x30x25mm
  • ディスポーザブル製品
  • 日本製

MR細胞保存液No.5
(パパニコロ染色用)

製品仕様specification

  • 250ml/500ml
  • 各1本から購入可能

製品番号

・識別ロート
SF-001
・View Cap
VC-001
・MR細胞保存液
PS5-250
PS5-500

MR観察可能な検証済みスマートフォン

スマートフォンのモデルチェンジは激しくメーカーも様々なため、全ての機種の検証は不可能ですので、弊社にて検証済のモデルを以下にてご紹介いたしますのでご参照ください。
基本的に最大倍率X10以上可能な機種をお勧めいたします。

  • ※スマートフォンホルダーがサイズに合わない場合はホルダーを外してジェルパッドをご使用ください。
  • ※レンズは望遠、普通、広角、超広角などがあります。適したレンズに合わせてセットしてください。
  • ※カメラアプリが制限でリセットされる機種については動画モードにすると、時間制限なしにてご使用いただけます。

<推奨機種>

iPhone7以降~12 / Android系 / AQUOS Sence4 SH-M15 / HAUWEI P40Pro 01 / GALAXY
(2021年5月現在)

MOBILE ROSE
多機能一体型顕微鏡の
メンテナンス・部品交換

Maintenance / Component replacement

  • 保証期間:1年間
  • LED光源の交換は3年間無償で弊社にて交換致します。但し、お客様の破損による交換は有料となります。
    3年以降の交換はお客様での交換となりますので、代理店あるいは弊社へのお問い合わせによりお取り寄せください。有料にて代替品をご購入いただけます。

日本語版 / English Version

MOBILE ROSE多機能一体型顕微鏡
プロモーション動画(3分8秒)

MOBILE ROSEの使い方を解説した動画です。
針生検(CNB)・針穿刺吸引(FNA)の工程をご覧いただけます。
いずれも3大サンプリングエラーの可能性を減少させ、 かつ最短1分というスピードで作業が完了します。

MOBILE ROSE多機能一体型顕微鏡
製品カタログ

MOBILE ROSEのカタログPDFです。
ダウンロードや印刷をしてご覧ください。

広報・出版関係のみなさまへ
プレス向け公認画像

MOBILE ROSE多機能一体型顕微鏡は、国際特許取得の仕組みを持つ、細胞診断迅速適正評価ツールとして開発されました。腫瘍などの病変の診断に十分な細胞が採取されず、あるいは固定不良、血液の混入で診断が困難な場合がしばしば起こります。
細胞をより確実に、採取現場で採取者(通常臨床医)による適正評価を容易にすることで、患者様の心理的、身体的負担を軽減し、不適正率を減らすことで医療費削減、早期治療開始に貢献します。

出版物あるいは記事として以下の画像をご利用いただけますが、ご利用目的を予め弊社へご連絡ください。但し、公序良俗に反する出版物やサイトへの掲載はお断り申し上げます。

GREETING
ごあいさつ

加藤 昌孝

株式会社山忠 代表取締役 会長
加藤 昌孝 Masataka Kato

弊社(株)山忠は1965年に千葉県木更津市において和菓子製造業を創業し、1998年に化粧品製造販売業への事業転換を図り今日に至っております。2020年に新たに医療機器製造販売業申請の上、MOBILE ROSEという世界初のユニークな多機能一体型顕微鏡を開発することになりました。医療の発展に寄与できる機会が得られましたことは弊社のポリシーであるGive&Giveの精神に元づく挑戦であり、社員一同、身の引き締まる思いで取り組んでまいります。

秋山 典子MOBILE ROSE開発者
秋山 典子 Noriko Akiyama

資格

  • 臨床検査技師
  • 日本臨床細胞学会認定細胞検査士
  • 国際細胞学会国際細胞検査士

最終学歴

  • 私立北里大学衛生学部卒業
  • 英国国立リバプール大学大学院 国際保健システム管理 修士課程修了

私は長年に渡る細胞検査士としての経験から、細胞診検査においては、材料採取が適正に行われる事こそが、もっとも正診率を上げる方法である事を実感するようになりました。

その中で、近年、ROSE(Rapid on site evaluation:迅速適正評価、迅速診断)という手法が注目を浴びるようになりました。しかしながら、同時にそれを実施する細胞検査士などのマンパワー不足も課題となっております。 又、コロナ禍は更にその問題に追い討ちをかけております。

細胞検査士や病理医によるROSEを行えない施設では適正であるか不明のまま針穿刺吸引材料が検査に提出されることになります。

臨床医の不安からスライド枚数は増えるにも関わらず、従来法では、乾燥変性や血液混入により診断が困難となっている場合がしばしば発生しており、診断者を悩ませる大きな原因ともなっております。

MOBILE ROSE多機能一体型顕微鏡は細胞を採取する容器内にて、迅速に固定保存するLBC(Liquid-based-Cytology)法とビューキャップによる細胞保存液中の細胞の可視化を可能にした製品であり、不適正標本を防止するツールとして開発されました。

MOBILE ROSEは迅速診断ができるツールではありませんが、採取容器中の細胞観察を可能にし、不適正率を減少させ、迅速な診断~早期治療へ導くものと考えています。

無用な再検査を減らすことで患者様やスタッフの負担を少なくし医療費コスト削減にも寄与することを想定しております。 採取を担当される多くの先生方に活用されることを願っております。

最後に、ご協力いただきました多くの関係者の方々に深謝申し上げます。

FAQ
よくあるご質問

Q
対応できるスマートフォンは
どのようなものでしょうか
iPhone X以降、ならびにデジタルズーム10倍以上のカメラ機能をもったスマートフォンを推奨しております。ホルダーに合わないサイズやカメラ位置の機種も付属ジェルパッド使用により、ホルダーを外して任意の位置に接着使用することが可能です。
Q
MR細胞保存液No.5以外でも
MR観察(MOBILE ROSE観察)は可能ですか?
MR観察にとって、一番の障壁は多量の血液混入によるゲル化です。ゲル化が起こると上皮の観察が困難になります。MR細胞保存液No.5はゲル化防止、溶血性に優れ、細胞収縮の少ないMOBILE ROSE観察及びパパニコロ染色用保存液です。
その他の保存液に関しましては、個々にお問い合わせください。

血液混入の少ない細胞液はMR観察が可能です。
その際はスマートフォンのカメラの倍率が10倍以上拡大可能な機種を推奨致します。
Q
細胞観察に特別な
トレーニングは必要ですか?
基本的な知識が必要ですが、特別なトレーニングを要するものではありません。

先ず、細胞のない保存液のみを観察していただくと、細胞が採取された場合の違いは明らかに分かります。嚢胞液などは液の色が緑色化する場合もあります。血液の多い場合は血液の色になります。
※適正評価を目的としており、良性悪性の診断はできません。
参考画像をご参照ください。

CONTACT
お電話でのお問い合わせ

0438-37-6193
(受付/10:00〜12:00 13:00〜17:00)
(土日祝・年末年始除く)

COMPANY INFO.
会社概要

株式会社山忠

商号
株式会社 山忠
所在地
〒292-0838 千葉県木更津市潮浜1-17-16
代表者
加藤昌孝
設立
1965年7月1日
資本金
1,000万円
従業員数
35名(2020年8月現在)
事業内容
・医療機器製造販売業(許可番号12B2X10031)
・化粧品の製造、販売
・化粧品の輸出
・エステティックサロンの経営
ブランド
yamachu(商標登録第5338551号)
Give&Give(商標登録第4180092号)
JUN PROFESSIONAL(商標登録第5330011号)
多機能一体型顕微鏡 MOBILE ROSE(商標登録第6192292号)
取引銀行
千葉銀行 他
主要取引先
フジサンケイグループ・千趣会・JALUX・メロディアン 他
関連施設
yamachuエステティックサロン

PRIVACY POLICY
個人情報保護方針

Give&Give 株式会社山忠(以下、弊社)では、お客様の個人情報は、弊社への信頼のもとお客様が自らの意思により特定の目的での利用のために弊社に預託したものであり、その個人情報を安全に保管し、お客様の意思を尊重して利用することは、経営上の重要課題であると認識しております。 弊社では次に掲げた事項を常に念頭に置き、ご本人からお預かりした個人情報の適切な取り扱いに取り組んでまいります。

1.法令の遵守

弊社は、個人情報(特定の個人を識別できるもの。以下も同様とします。)を取り扱う際に、個人情報の保護に関する法律をはじめ、関連法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。

2.利用目的の範囲内での利用

弊社は、あらかじめご本人の同意を得た場合、および法令により認められた場合を除き、利用目的を達成するために必要な範囲内において個人情報を取り扱います。

3.個人情報の取得

弊社は、あらかじめ利用目的やお問い合わせ窓口等の必要な情報を明示し、適法かつ公正な手段により個人情報を取得するよう努めます。

4.安全管理措置

弊社は、お預かりした個人情報を利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つよう努め、不正なアクセス、漏えい、改ざん、滅失、き損等を防止するため、現時点での技術水準に合わせた必要かつ適切な安全管理措置を講じ、必要に応じて是正してまいります。

5.委託先の監督

弊社は、利用目的の達成に必要な範囲内において、お預かりした個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合があります。これらの第三者は、個人情報の取り扱いにつき、十分なセキュリティ水準にあることを確認のうえ選定し、契約等を通じて、必要かつ適切な監督を行います。

6.第三者への提供

弊社は、法令により認められた場合を除き、ご本人の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供しません。

7.継続的改善

個人情報保護に関する管理体制と仕組みについての個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善を実施いたします。

8.ご意見・ご相談への対応

弊社は、個人情報の開示・訂正・利用(商品やサービスの紹介)の停止、消去その他の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ、ご意見や苦情に対し、法令の規定に基づき適切に対応いたします。下記、お客様相談室までご連絡ください。

制定日:2007年1月1日
最終改定日:2012年4月1日
株式会社 山忠
代表取締役 会長 加藤昌孝

△
PAGE TOP